メープルシロップとは、カエデの樹液を煮詰めた天然の甘味料















メープルシロップは、カエデの樹液を煮詰めた
添加物など一切含まれていない、自然の甘味料です。
砂糖や蜂蜜と同じ、甘味料の仲間です。

昔、インディアンの糖分として貴重なエネルギーとして
使われていたメープルシロップを、カナダに入植してきた
フランス人が教わり、カナダで広がったと言われています。

大地のめぐみ メープルシロップ

メープルシロップは、希少性の高い甘味料。
カナダ ケベック州が最大生産地で、
他にその周辺の州やアメリカの一部で採れます。

カナダのケベック州で、世界の80%以上を供給し、
カナダの国旗にもメープルの葉を使用しているように
カナダの特産品になります。

メープルシロップの特徴は、
1. 樹液が取れる地域が限られていること、
2. 収穫時期がとても短く、2週間前後であること
3. 1本のカエデの木から採れる量が決まっていること
4. 40リットルの樹液から1リットルしか作れないこと
などから、 とても貴重な天然の甘味料になります。

最近では、砂糖やはちみつに比べ、カロリーが低いこと
カルシウムやカリウムなどミネラル分が多いことが知られ、
健康面でも注目されてきました。

極寒の冬を過ごすカエデの樹液は、その耐久性などから、
他にも健康面への効果に対して研究され始めました。


メープルシロップの作り方

木々から採取されたメープルの樹液は、 透明な液体です。
水のようにさらっとしていて、かすかに甘みを感じる程度です。

森から集めた樹液を
シュガーシャック(砂糖小屋)と呼ばれる小屋に集め、
グツグツ煮詰めると、あの琥珀色のシロップになります。
40リットルの樹液から約1リットルのシロップができます。
不純物をこして、タンクに入れてゆきます。

本物のメープルシロップは、保存料、添加物は
一切 入っていません。

メープルシロップは、2週間の間に色が変わり
味わいが変化します。透過度によって等級が決められ
農家も、作りながら色の変化に気を配ります。

メープルシロップはタンクに保存され、
ケベック州政府の主導の下に作られた準公的機関が
糖度や色を確認し、 厳しい検査を行い、合格すると
グレード(等級)と出荷許可が出ます。


メープルシロップのグレード(等級)

メープルシロップには等級があります。
2017年から、新たな等級の表記になります。

今後は、「 等級 」 と 「 味 」 の表記が
されていることが特徴になります。

収穫の2〜3週間の間に、時期によって色と味が変化します
光の透過度により分かれています。

【今まで】
  【 メープルシロップの等級 】
No 1 エキストラ ライト
No 1 ライト
No 1 ミディアム
No 2 アンバー
No 3 ダーク  

【2017年から】


ホンの数週間の間の、メープルの樹液を採取する時期で、
透過度が変化します。 色と味が下に行くほど濃くなります。
ダークは主に加工に使用し一般には消費者に流通していません。

等級が高い程、メープルの風味が少なくなります。
日本人が好む等級は、ミディアム又はアンバー(アンバー又はダーク)になります。しかし、最近ではライト(ゴールデン)が入りやすくなり
ライトを好む層も増えつつあります。



上: カエデの森
左: カエデの樹液を採取しています。
右: 樹液の滴り落ちるしずくをパイプで受け止めます。







メープルシロップの栄養価

大地の栄養を含んだ雪解け水を吸収した樹液を、 煮詰めるメープルシロップには、 カルシウムや
マグネシウム、 たんぱく質や糖質の代謝に 役立つ亜鉛、 余分なナトリウム(塩分)を排出する
カリウムなど ミネラルがバランスよく豊富に含まれています。

砂糖や蜂蜜よりもGI値やカロリーが低く
砂糖の代用にメープルシロップをご利用いただけます。


  ↑ 五訂増補 日本食品標準成分表より
  ←ケベック・メープル製品生産者協会発行パンフレットより



メープルシロップの賞味期限

メープルシロップの賞味期限は、封を開けなければ、
製造日から、ガラスの容器で3年。プラスチックで2年です。
封を開けたら、冷蔵庫で6ヶ月は味が変わらないと、農家から伺いました。
賞味期限が切れたからと、使用できないわけではないようです。 味見をしてみてください。

メープルシロップは封を開けたら、冷蔵庫に保管ください。


メープルシロップ と こども

はちみつと違い、メープルシロップには、ボツリヌス菌の心配はありません。
乳児期 や 1歳を超えたお子様へのメープルシロップの使用方法について、詳しい説明があります。
http://pure-maple.com/healthy/child.php


▲ ページのトップへ


Copyright © 2011-2020 KeiCorporation Inc. All Rights Reserved.